EDについてまとめてみた

初夜EDが気になるならあらかじめ薬の処方も

新婚EDなるものをご存じでしょうか。通常は初夜は二人にとって初めて夫婦になった夜ですので普段よりも性行為が盛り上がるものですが、初夜だからこそ性行為に失敗してはいけないというプレッシャーから逆に勃起しなかったり、できたとしてもすぐに中折れしてしまうなどの症状が出てしまいます。
そして初夜のあとも失敗のトラウマからなかなか性行為ができず場合によっては夫婦関係が悪くなり離婚にいたるケースもあるのです。
女性は自分に魅力がないから夫がEDになったと思うこともあります。
夫婦関係のいいスタートを送りたいなら元々EDの気のある方はあらかじめEDの薬を処方してもらうのがいいでしょう。
そうすれば失敗するというプレッシャーもなくなりますし精子的な負担もありません。
また治療薬を使っても女性にばれることはありませんので安心してください。催淫剤の場合でしたら射精した後も勃起が続くこともありますがEDの薬の場合は射精するとすぐに元の状態に戻ります。不自然さは有りませんのでばれません。
ただ今後もずっと使っていくつもりならカミングアウトするのもいいでしょう、きちんと自分の症状について説明をして薬を使うことも言えば納得してくれるはずです。
EDであることをカミングアウトするのが嫌で性行為に興味が無いし子供も欲しくないと言ってしまいますと夫婦関係が悪くなる要因になります。
医療機関でEDの診察をしてもらうことに抵抗のある方もいらっしゃいますが実際は簡単な問診くらいでそれほど長く診察にはかかりませんので安心してください。
常習的に薬を飲むのでしたらネットで買うという方法もあります。個人輸入になりますが信頼できるサイトから買えばお得です。

ページの先頭へ戻る