EDについてまとめてみた

EDの判断基準とは?

自分は直ちに治療が必要なEDなのか、それとも完全なEDではなくまだ予備軍なのかを、どうやって判断すればいいのかが分からないということがあります。そんな場合は勃起硬度測定評価EHSという簡単な問診票が公表されているため、この問診票を基準に判断することができるため確認するのも良い方法の一つです。勃起硬度測定評価EHSは海外で開発されたものですが、日本語にも翻訳されて、たくさんの医療機関で使われているものです。勃起硬度測定評価EHSは陰茎の硬さを五段階のグレードで表現しています。まず、グレード4の段階では陰茎が完全に固くなるため問題はありません。グレード3の段階では陰茎が性交渉のときに挿入するのに必要な硬さは保っているが、完全には固くなっていない状態です。グレード2の段階では陰茎が硬くはなるが性交渉のときに挿入できるほどには硬くならない状態です。グレード1の段階では陰茎が大きくはなるけれども硬くならない状態です。グレード0の段階では陰茎が大きくもならない状態です。自分が陰茎の状態どのグレードに当てはなるかで判断するのですが、EDであると判断することができるのはグレード0からグレード2までの段階ですがグレード3の段階でも性交渉のときに差支えがあればEDとして治療が有効な場合があります。勃起硬度測定評価EHSでグレード0からグレード2までの段階に当てはまるのであれば、市販されている精力剤を使って対処するよりも医療機関から処方されるED治療薬を服用した方が効果的である場合が多くなります。自分で勃起硬度測定評価EHSを使っても判断に迷う場合は、直接EDの症状を診察してくれるクリニックなどの医療機関に相談するのが良い方法です。

EDの原因について

EDの原因は心因性、器質性、そして薬剤性のみっつに分類することができます。これらの内、ひとつの原因で発症することもあれば、複合して発症することもあります。まず心因性です。これは性的事柄に対する嫌悪感や恐怖心、ストレスなどが引き金となって、勃起に必要なための性的刺激が感じにくくなっている、またその刺激が神経に伝わりにくくなっているのが原因です。どんなことに対して、どんなことをどの程度、感じるかと言うのは人により大きく異なります。ですから安易に、これくらいのことで悩むなんて情けないと言うふうに自分で判断してしまわないことが必要です。また最近では、パートナー間での子供を授かることに対する考え方の違いが、心因性EDにつながっているケースも多くなってきています。このような場合には、パートナーと話し合いの場を設けることも必要です。それから器質性です。これは病気や怪我、また健康状態の悪化や加齢に伴い、血管や神経に支障が発生することが原因です。勃起が果たされるためには、性的刺激が神経を伝うこと、そして血液が十分な量、陰茎海綿体に流れ込むことが必要です。そのため神経や血管、血流にダメージが発生すると、そうしたことがうまく行われにくくなるためEDが出やすくなると言うわけです。この場合、その疾患などの治療、健康状態の改善をはかるのがいちばんです。ただし完治が難しい状態に関しては、EDを改善するための薬を服用することも必要になってきます。食生活の乱れや自分の健康状態に不安があると言う人は、それらを改善、解消するだけもEDの状態が大きく回復することもあります。そして薬剤性ですが、これは中枢神経や末梢神経に作用をもたらす薬剤、循環器系や消化管に作用をもたらす薬剤の服用が原因です。これらの薬を服用している場合は、一度、医師に相談してみると良いです。

EDの改善方法は?

EDの改善方法を知るためには、EDになる原因を知ることがいちばんです。一口にEDと言っても、その発症原因は複数あり、それによって改善のために必要な方法も異なってくるためです。まずは心因性です。たとえば性的事柄に対して嫌悪感があるとか、過去のトラウマで性交渉に前向きになれない、強い拒否感があると言うことが例としては挙げられます。また強いストレスもここに該当します。この場合、改善のためには、嫌悪感や恐怖心、拒否感、ストレスなどを解消することが必要です。自分でその原因がわかっている場合は、それを上手に解消していくことが求められます。しかし中には、自分でその原因がわからないと言う人や、辛い出来事などを心の奥深くにしまいこんで、無かったことにしてしまっていると言う場合もあります。その場合は、専門医の力を借りて乗り越えることが必要になることもあります。またパートナーとの話し合いが必要になる場合もあります。次に器質性の場合です。たとえば糖尿病や高血圧などの症状があると、勃起に必要な神経の伝達、血流に支障が発生する可能性も高くなるためEDが出てくることもあります。これらの疾患は自覚症状がないことも多いのですが、食生活が乱れているとか、喫煙習慣があると言う人の場合は、これらが原因であることも疑われます。この場合は、それらの症状を改善していくことがEDの改善にもつながります。それらの症状にはなっていなくても、その手前であると言う人は、食生活を改善したりするだけでEDが改善されることも珍しくありません。逆に器質性でも、その原因となっている疾患や怪我が明らかになっている場合は、その治療に専念することが第一です。しかし完治にも限度があると言う場合は、EDを改善するための薬を使用して、上手に性機能と付き合うことが必要になることもあります。

■ED治療薬として最も有名なバイアグラの有効成分について
シルデナフィルの作用
■EDの悩みを相談するのは、やはり専門医が一番です
EDの治療は病院
■世界で初めて最初に誕生したED治療薬のご購入はこちらからご覧ください
バイアグラ

ページの先頭へ戻る